読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっぱのきまぐれ

ますたーのゲームブログです

ブログはじめました

結構前にブログやってたんですがまたやることにしました

更新ペースはきまぐれ

桃の天然水とコーヒーと 希望と絶望編

おはようございます。

 

一応前回の記事の続きなので、前回を見ていない方はそちらを先にご覧いただくと感動が共有できるかと思います。

 

 桃の天然水を1本買うつもりだったのにコーヒーを3本買っていた話 - かっぱのきまぐれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はあの日、深い絶望感に襲われ、希望を失った。

私は桃の天然水でリフレッシュしたかったのに、結果的にはリフレッシュどころかあの苦い液体を飲まなければならないという神からの無駄な試練を与えられ、屈辱を感じた。

 

 

今朝、桃の天然水が飲みたいと思い、自動販売機のボタンを押しかけたその時、私はあの絶望を思い出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( ゚д゚)ハッ!

 

まさか、ヤツが……ヤツがくるんじゃないか…??

 

その不安は尋常ではなかった。

 

しかし私はヤツがくるんじゃないか?という恐怖としっかりと向き合った。

それは勇敢なのか、将又無謀なのか。

 

人によっては

「無謀だ、あまりにも愚かすぎる。」

という意見の方もいるかと思われる。

無謀といえるかもしれないが、それでも私はその恐怖を乗り越えて、勝利を掴みとりたかった。

 

私は気持ちを奮い立たせ、恐怖で震える手をボタンへと近づけていく。

 

しかし手がボタンへと近づくにつれて、あの悪夢のような出来事が嫌でも思い出される。

 

常人なら恐怖に負け、逃亡していたことだろう。

 

 

 

 

 

だが、私は勇敢だった。

 

 

持久戦では到底勝てないと悟った私は短期決戦しかないと思い、圧倒的なスピードでボタンを押した。

 

 

その瞬間、時が止まったように思えた。

 

それほどに長く、重苦しい時間が流れた。

 

 

やはり駄目か…?そう思った瞬間、あの音が聞こえた。

 

 

 

 

 

ゴトン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこにはあの悪を体現したような存在はいなかった。

そこにいたのは、私の癒しの存在であった。

 

天然水「助さん、格さん、もういいでしょう。」

 

助さん、格さん「静まれい!静まれい!」

 

格さん「この紋所が目に入らぬか!」

デーーーーーン

 

「こちらにおわす御方をどなたと心得る!恐れ多くも先の副将軍、桃天然水公にあらせられるぞ!」

 

助さん「一同!御老公の御前である!頭が高い!ひかえおろう!」

テーンテテテーンテテテーテーーー

 

 

そう、そちらにおわす御方こそ、桃天然水公だったのだ。

 

私は感動のあまり、泣き出してしまった。

まぁそれは嘘だが、美味しかった。

やはりこの喉を通る爽快感は至福そのもの。

 

こうして私は気分の良い朝を迎えることができた。

この経験をもとに、これからの人生も明るく生きていけるような気がしている。

 

さらば、また会う日まで。

 

 

 

 

 

今回は特に何かがあったわけでもなかったところを無理矢理広げたので前回よりもさらにくだらない記事となっています。

 

それでも見てくれた人、ありがとん!

 

ばいばい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桃の天然水を1本買うつもりだったのにコーヒーを3本買っていた話

おはようございます

 

今回はある秋の朝に起こった不思議な出来事のお話です

 

私は桃の天然水を買おうと思って自動販売機の桃の天然水のボタンを押しました

するとなんということでしょう、出てきたのは桃の天然水のフォルムとは明らかに違う小さな缶

 

EUROPEAN 熟練ブレンド  ~専門店のなめらかな口当たり~

 

は?

私は何が起こったのか理解するのに数秒を要しました

 

何が起こったのか理解し、冷静になってみてとりあえず桃の天然水が飲みたかったのでもうひとつある桃の天然水のボタンを押しました

結果は

 

EUROPEAN 熟練ブレンド ~ 専門店のなめらかな口当たり~

 

この瞬間私は悟りました

 

彼は、桃の天然水はもうこの世にはいないのだと。

私の愛する桃の天然水は、EUROPEAN熟練ブレンド専門店のなめらかな口当たりになってしまったのだと。

 

 

 

 

 

 

いやまて、桃の天然水がEUROPEAN熟練ブレンド専門店のなめらかな口当たりになっているのなら、EUROPEAN熟練ブレンド専門店のなめらかな口当たりは桃の天然水になっているのではないか?

 

これが気になりすぎた私はE熟専のボタンに手を伸ばしました

 

これはイケる、そう思いながら、期待を抱きながら、ボタンを押す。

 

ゴトン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:LatiosMaster1212503:20161021075433j:image

 

 

こうして私は朝から3本のコーヒーを飲むことになりました

 

 

 

 

 

 

サンムーン新情報公開

こんにちはこんばんは

サンムーンの新情報が公開されましたね

ここまでくるともう早く手にとってプレイしたいです

 

まとめると

・しまクイーンライチ

・フクスローさんがいわおとしによって無惨な姿に

・キャプテンイリマ

・タイプ:ヌルが進化、シルヴァディへ

アルセウスみたいな感じで持ち物でタイプ変化、テクノバスターみたいな技も

・ジャラコの進化系、ジャランゴとジャラランガ

・ジャラランガ専用技のスケイルノイズ

・アママイコと進化のアマージョ

・アブなんとかの進化でアブリボン

・アローラのベトベターベトベトン

はどうだんがさらにかっこよくなったがジジーロンさんがかわいそう

 

こんなところですね

 

私が注目しているのは600族っぽいジャラランガ


f:id:LatiosMaster1212503:20161015002559j:image

 

ついにきたドラゴン格闘です

ドラゴン好きなので嬉しいです

見た目もどこかの民族の族長っぽくて強そうですね

600族の族長と言えるくらい強かったりしませんかね

早く使いたいです

一致技だけだとフェアリーに通らないので後出しで安定して受けさせない何かは欲しいです

 

特性も防音と防弾で中々おもしろいですね

そこまで特性に頼るわけでもないタイプなので夢特性でさらなる強化があるかもしれません

 

専用技のスケイルノイズはドラゴン特殊の音技っぽいですね

確定しているのは専用技であるということとカイリューに抜群だということです

専用技が特殊ならCが高いのでしょうか?

私としてはACSが高くてインファを覚えて欲しいですね

 

一般のメガ無しドラゴン炎であるバクガメスも出ますしこの調子でドラゴン鋼も一般ポケモンに欲しいところです

 

今回はこの辺りで終わります

ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

きゅうり

きゅうりたべたいです

たまには一本まるごと醤油につけながら食べたいです

 

そんなことは置いといてサンムーンの新情報が発表されました

 

・サトシゲッコウガ

・10月18日体験版

・フクスローさんの顔の破壊力

ジョインアベニューっぽいやつの復活

メガシンカ続投

・レートの持ち時間制の導入

・登録されたパーティのQRコードを読み込むことで他の人のパーティで対戦できるようになる

・トリプルとローテーションの廃止

 

基本的には私にとっては嬉しいことが多いですね

ただ、互換が切られそうなのが残念ですね

愛着のあるポケモンたちをずっと使いたかったです

 

一応しばらくはカロスマーク付きのポケモンは使えそうですし、新世代でもラティオスを出してくれれば問題ありません

 

今はとにかく楽しみですね

七世代でもラティオスと共に頑張っていきたいです

それに新しいポケモンで私の心を掴むような素晴らしいポケモンが現れるかもしれません

そこも楽しみですね

 

今回はこの辺で

ばいばい

 

 

 

コトブキシティ

おはようございますこんにちはこんばんは

最近作業用BGMとしてコトブキシティのBGMをよく聞いています

凄く落ち着くBGMで良いですね

コトブキシティに限らずDPのBGMは心に響いてくるBGMが多いです

勿論RSやBWなどのBGMも良いんですけどDPは一番深みがあるというか音源が良いです

他に人気なBGMといえば209ばんどうろとかでしょうか

育て屋が近くにあるので廃人のテーマとか廃人BGMとか言われてますね

こちらは落ち着く他に元気が出るBGMという感じ

私がDPをプレイしていて初めて聞いたときも感動したのを覚えています

そういえばDP発売からもう10年も経つんですね

体感5年くらいなんですけどBWですら発売から6年…

○○が発売したのはいつ?とか○○が起きたのはいつ?とか振り返ってみると意外と時の流れは早く感じます

今と未来についてはよく考える、もしくは考えざるを得ないと思いますがたまには過去を振り返ってあんなことがあったなあ、と懐かしむのもいいんじゃないでしょうか

 

それでは今回はこの辺りで